紫微斗数鑑定書サンプル

あなたの運の強さ、性格、金運、人間関係運、仕事運、恋愛運、配偶者運、子宝運等、すべての運勢が浮き彫りにされます。
10年ごとの運気、1年ごとの運気、毎月の運気の流れを把握することができるため、多くのクライアントの皆様に大変好評をいただいております。
重要な契約をしたり、新規事業の立ち上げ等の時期に関しても大きな力を発揮します。

どのようにしたら自分の弱点を改善し、強みに変えていくことができるのか?
誰と組めば最高のパフォーマンスを発揮できるのか?
紫微斗数は精神的な動きを如実にとらえますので、配置された星を見てどういった心構えや行動で過ごせば良い結果を手に入れられるか?が一目瞭然なのです。

『紫薇斗数推命術』とは?


紫薇斗数推命術(しび・とすうすいめいじゅつ)は、皆さんの生年月日と生まれた時間、生まれた場所を使って、「命盤」というものを作成して運勢を視る占術です。

驚異的な的中率を誇ることで最近は日本でもブームになりつつあります。
いくつかの流派がありますが、主に主星14個・副星24個の計38個の星を使って皆さんの運勢を導き出していきます。
(紫薇斗数ですべての星を使うと実際には114個の星があります。)

紫薇斗数の星は3種類に分類され、それぞれが「北斗星」「南斗星」「中天星」に別れ、すべてに陰と陽の区別があり、しかも「木・火・土・金・水」の五行いずれかに属しています。

簡単に38個の星を紹介させていただきます。

☆主星14個


紫微星(しびせい) 北斗主星【陰の土星】 高貴、気品、徳、自尊心
天機星(てんきせい) 南斗3星【陰の木星】 知識、知恵、学問、精神
太陽星(たいようせい) 中天星 【陽の火星】 勇気、活動、陽気、活発
武曲星(ぶごくせい) 北斗6星【陰の金星】 勇猛、快活、指揮、財庫
天同星(てんどうせい) 南斗4星【陽の水星】 平和、慈悲、協調、動揺
廉貞星(れんていせい) 北斗5星【陰の火星】 現実、歪曲、利益、悪知恵
天府星(てんぷせい) 南斗主星【陽の土星】 寛容、聡明、温厚、大雑把
太陰星(たいいんせい) 中天星 【陰の水星】 精神、芸術、美意識、母性
貪狼星(どんろうせい) 北斗1星【陽の木星】 欲望、社交、歓楽、好色
巨門星(こもんせい) 北斗2星【陰の水星】 口舌、中傷、分析、弁論
天相星(てんそうせい) 南斗5星【陽の水星】 慈悲、参謀、寛容、奉仕
天梁星(てんりょうせい) 南斗2星【陽の土星】 指導、親分肌、謙虚、実務
七殺星(しちさつせい) 南斗6星【陽の金星】 激烈、豪快、動乱、武勇
破軍星(はぐんせい) 北斗7星【陰の水星】 破壊、決断、短気、変動


☆甲級副星11個


文昌星(もんしょうせい) 南斗5星【陰の金星】 博学、芸術、文章
文曲星(もんごくせい) 北斗4星【陰の水星】 博学、芸術、文章
左輔星(さほせい) 北斗助星【陽の土星】 援助、計画、交友
右弼星(うひつせい) 北斗助星【陰の水星】 援助、計画、交友
天魁星(てんかいせい) 南斗助星【陽の火星】 聰明、秀麗、気品
天鉞星(てんえつせい) 南斗助星【陰の火星】 聰明、秀麗、気品
禄存星(ろくぞんせい) 北斗3星【陰の土星】 財産、貫禄、吝嗇
羊刃星(ようじんせい) 北斗助星【陽の金星】 暴力、喧嘩、疾病
陀羅星(だらせい) 北斗助星【陰の金星】 短気、横暴、疾病
火星(かせい) 南斗助星【陽の火星】 剛強、怪我、事故
鈴星(れいせい) 南斗助星【陰の火星】 剛強、怪我、事故


☆乙級副星9個(すべて中天星)


天空星(てんくうせい) 凶星【陰の火星】 精神苦労、空想、宗教
地劫星(ちごうせい) 凶星【陽の火星】 分離、紛失、災厄、宗教
天刑星(てんけいせい) 凶星【陽の火星】 訴訟、災難、孤独、医学
天姚星(てんようせい) 平星【陰の水星】 性愛、艶福、色情、放蕩
龍池星(りゅうこくせい) 吉星【陽の水星】 風流、古風、聡明、端麗
鳳閣星(ほうかくせい) 吉星【陽の土星】 風流、古風、聡明、端麗
天喜星(てんきせい) 吉星【陽の水星】 婚姻、慶賀、恋愛、性愛
紅鸞星(こうらんせい) 吉星【陰の水星】 婚姻、慶賀、恋愛、性愛
天馬星(てんませい) 吉星【陽の火星】 旅行、行楽、転職、転居


☆四化星4個(すべて中天星)


化禄星(かろくせい) 大吉星【陰の土星】 安定、解厄、蓄財、自由
化権星(かけんせい) 吉星 【陽の木星】 権威、権力、名声、行動
化科星(かかせい) 吉星 【陽の水星】 文才、知識、知恵、試験
化忌星(かきせい) 大凶星【陽の水星】 困難、挫折、破壊、嫉妬

※特にこの四化星と呼ばれる4個の星がどこの宮に入るかで、吉凶が左右されます。
 最も凶神なのが「化忌星」で、吉星の威力を弱めてしまいます。


これら38個の星を「宮」と呼ばれる12個の部屋に一定の法則に従って配置していきます。

☆12宮の紹介


命宮(めいきゅう) 人生全般、本質、容姿、エネルギーの強さ等を表します

父母宮(ふぼきゅう) 両親との関係、上司、年上との関係、過去の因縁等を表します

官禄宮(かんろくきゅう) 適職、職場の人間関係、独立か勤め人か、能力等を表します

遷移宮(せんいきゅう) 移動、旅行、才能、第一印象、表面的な性格等を表します

財はく宮(ざいはくきゅう)財産(お金を稼ぐ力)、仕事運等を表します

夫妻宮(ふさいきゅう) 結婚相手の性格、容姿、晩婚か早婚か、結婚生活等を表します

子女宮(しじょきゅう) 子供の性格、子供との関係、恋愛関係、セックス等を表します

奴僕宮(ぬぼくきゅう) 年下との関係、部下、指示してくれる仲間等を表します

兄弟宮(けいていきゅう) 兄弟姉妹との関係、人間関係、兄弟姉妹の性格等を表します

田宅宮(たたくきゅう) 不動産運、来客の多さ、家庭の安定度等を表します

福徳宮(ふくとくきゅう) 人生の充実度、潜在意識、趣味、結婚後の幸福度(特に女性)等を表します

疾厄宮(しつやくきゅう) 病気、健康、悩み、トラブル等を表します


あらゆることが分かるのが紫薇斗数の特徴です。